ワカサギ等における放射性物質の移行過程の解明(放射能関連調査)

ワカサギ等における放射性物質の移行過程の解明(放射能関連調査)

県名福島県
研究機関名福島県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23 ~27
年度2014
概要 県内12湖沼で湖水・動物プランクトン・魚類を採集して放射性Cs濃度を調査し、汚染状況を把握した。各湖沼で採集された湖水と動物プランクトンの137Cs濃度に正の相関が認められた。魚食性のバス類・イワナ、雑食性のウグイ・ギンブナで魚体重と137Cs濃度に正の相関が確認される湖沼が確認された。
研究分担農業振興課
予算区分県単
業績(1)福島県の湖沼に生息する魚類の放射性セシウム濃度
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219125
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat