水稲におけるヒ素のリスクを低減する栽培管理技術の開発

水稲におけるヒ素のリスクを低減する栽培管理技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H25-29
年度2014
概要目的:土壌中のカドミウム(Cd)・ヒ素(As)の形態別動態を把握し、玄米Cd濃度を高めることなく、玄米As濃度を低減するための実用的な水管理・資材施用法等を明らかにする。、成果:ヒ素吸収抑制のための管理指標である酸化還元電位は、測定前数週間の平均水深と高い相関が認められた。 酸化還元電位の実測値で水管理条件を考慮すると、玄米ヒ素濃度の予測値と実測値の相関係数が高まる。
研究分担基盤研究部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219137
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat