水稲品質向上技術開発事業、ア コシヒカリ等の温暖化対応技術開発、(ア)有機質肥料に対応した栽培体系の構築、b 有機質肥料の穂肥診断、(a)分施型肥料の1回目穂肥診断

水稲品質向上技術開発事業、ア コシヒカリ等の温暖化対応技術開発、(ア)有機質肥料に対応した栽培体系の構築、b 有機質肥料の穂肥診断、(a)分施型肥料の1回目穂肥診断

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~27
年度2014
概要目的:分施型有機質肥料における1回目穂肥診断方法を確立するため、1回目の穂肥量と穂肥時期が、生育、収量、品質に及ぼす影響を検討する。、成果:1回目穂肥施用により籾数および乳白粒が多くなり、その他未熟粒が減少した。幼穂形成期の茎数、SPAD値および1回目の穂肥量から籾数を推定する重回帰式を作成した。現地実証ほによる籾数の推定を検証した結果、概ね推定可能と思われたが、実測値よりも多く推定する場合もあった。
研究分担栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219163
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat