水稲・大豆の難防除病害虫の管理技術の開発、イ 減農薬栽培に対応した病害虫防除技術の開発、 (イ)斑点米カメムシ類に対する育苗箱施用殺虫剤の防除効果

水稲・大豆の難防除病害虫の管理技術の開発、イ 減農薬栽培に対応した病害虫防除技術の開発、 (イ)斑点米カメムシ類に対する育苗箱施用殺虫剤の防除効果

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2014
概要目的:斑点米カメムシ類に対する新規の育苗箱施用剤の防除効果を明らかにし、利用法を検討する。、成果:アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメに対して、ジノテフラン箱粒剤、チアメトキサム箱粒剤の防除試験を行った。これら薬剤の効果が極めて低い事例があり、要因の検討が必要と考えられた。
研究分担栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat