県産飼料を利用した生乳生産技術の開発

県産飼料を利用した生乳生産技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:飼料自給率の向上を図るため、飼料用稲等を利用して生産される生乳中の機能性成分等を高める技術を開発し、牛乳の有利販売、消費拡大に資する。また、各種キノコ廃菌床について、飼料として利用する際の問題点を整理し、泌乳牛への飼料資源として有効活用するための技術を開発する。、成果:生乳中のα-トコフェロール濃度は、稲WCSの給与割合を30%まで高めることにより無給与の3倍まで高めることができる。稲WCSの給与割合が高い方が、DPPHラジカル消去活性が高まり、生乳の抗酸化能は高くなる傾向にある。培地機材のコーンコブ割合の高いキノコ廃菌床は、稲わら程度の栄養価を有するが、木質系資材を多く含むものでは稲わらの半分程度の栄養価であると推察された。
研究分担酪農肉牛科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219244
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat