新たな食品開発に繋がる機能性成分の探索と評価・計測技術の開発、2 酵素阻害アッセイ等を活用した新規機能性成分の探索・細胞機能調節活性を有する食品成分の探索

新たな食品開発に繋がる機能性成分の探索と評価・計測技術の開発、2 酵素阻害アッセイ等を活用した新規機能性成分の探索・細胞機能調節活性を有する食品成分の探索

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24-26
年度2014
概要目的:NFκB 阻害活性を有する食品成分を検索する。、成果:ダイズ/コメタンパク質に由来するペプチドは、HEK293細胞に対して細胞毒性を示さなかった。その一方でNFκB阻害活性も認められず、ダイズ/コメタンパク質からNFκB阻害ペプチドを生成できないことがわかった。
研究分担食品工学科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat