地域資源を活かした特産品開発と高付加価値化技術の確立、2 おけさ柿の効率的な施肥体系と栄養診断による高品質生産技術の確立・中間追肥による品質・脱渋特性の把握

地域資源を活かした特産品開発と高付加価値化技術の確立、2 おけさ柿の効率的な施肥体系と栄養診断による高品質生産技術の確立・中間追肥による品質・脱渋特性の把握

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24-26
年度2014
概要目的:7月上旬の追肥による収穫果実及び脱渋後の果実品質、脱渋特性を検討する。、成果:柿品質・脱渋特性への中間追肥の影響は認められなかった。また、気象変動した過去2年においても同様に高糖度を確保できた。
研究分担園芸特産食品科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat