高標高開発畑の高度利用に向けた新規品目・作型の開発

高標高開発畑の高度利用に向けた新規品目・作型の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所高冷地農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~H26
年度2014
概要目的:①加工用ゴボウの作型開発、②雪室を活用した宿根草切花の抑制栽培技術確立、③トマトの優良品種の選定、④アブラナ科野菜等の作型開発と優良品種の選定、⑤アスパラガスの茎枯病軽減対、⑥雪下ニンジンの雪腐菌核病管理技術、成果①加工用ゴボウは品種ではダイエットが優り、栽培期間130日間でもスは見られなかったが、一方てがるはスが多く、規格収量が劣った。、②リアトリス凍結抑制中の管理は切り花品質に影響はなかった。、③中玉トマトは種子ではフルティカ、栄養繁殖性では華クインが品質がよかった。、④オータムポエム、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、レタスの作期移動試験を行い、播種期別の適応品種を絞り込んだ。、⑤茎葉の間引き時期・回数と茎枯病軽減効果について試験を実施。、⑥緑肥すき込みの効果は見られず、土壌消毒に顕著な防除効果と、また秋季薬剤散布に低減効果とが確認された。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat