県水産物機能性活用推進

県水産物機能性活用推進

県名新潟県
研究機関名新潟県水産海洋研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~ 28
年度2014
概要目的:県産水産物の機能性成分や旨み成分を調べ、業界が各方面で利用できるデータを作成する。また、県産水産物の有効活用するため、用途に即した冷凍技術を開発する。、成果:マダイ、ウスメバルを対象に加工原料化や鮮魚販売上必要な体成分の季節変動が把握できるようになった。また、ヒラメを対象にに刺身素材に適した冷凍・解凍条件を把握した。 
研究分担加工課
予算区分県単
業績(1)県水産物機能性活用推進
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219306
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat