水稲新品種育成試験

水稲新品種育成試験

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継T11~
年度2014
概要人工交配を変異源とする系統育種法により実施した。系統選抜は、熟期、収量、玄米外観品質、食味官能値を主な選抜指標として行い、昨年までの結果から有望と考えられた系統は、生産力検定および特性検定に供試した。生産力検定では、普通移植区(5月中旬)、早期移植区(4月下旬植え)、直播区(4月下旬播き)を設けた。葉いもち圃場抵抗性、穂いもち抵抗性、障害型耐冷性、穂発芽耐性、高温登熟性、低温土中出芽性については、人工的にストレス条件を作り出し、特性を調査した。、 試験の結果、低アミロース化を図ったと系赤1510、と系黒85号を有望系統として選抜し、「富山赤84号」、「富山黒85号」の地方名を付与した。
研究分担農業研究所、育種課、農業バイオセンター
予算区分県単
業績(1)新規ビタミンE合成酵素の同定とその役割の解明
(2)イネにおける新規ビタミンE合成酵素トコトリエノール高生産への取り組み
(3)イネカルスを用いたトコトリエノール高生産への取り組み
(4)Introgression of two chromosome regions for leaf photosynthesis from an indica rice into the genetic background of a japonica rice.
(5)Genetic dissection of black grain rice by the development of a near isogenic line.
(6)Identification of a novel gene (Apq1) from the indica rice cultivar 'Habataki' that improves the quality of grains produced under high temperature stress.
(7)Isolation of a novel lodging resistance QTL gene involved in strigolactone signaling and its pyramiding with a QTL gene involved in another mechanism
(8)Increased lodging resistance in long-culm, low-lignin gh2 rice for improved feed and bioenergy production
(9)ベニズワイ資源生態調査
(10)資源管理効果モニタリング調査(ベニズワイ調査)
(11)資源管理効果モニタリング調査(バイ類調査)
(12)資源管理効果モニタリング調査(シロエビ調査)
(13)大型クラゲ対策調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219332
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat