イネ種子温湯消毒法における高温耐性向上技術の確立

イネ種子温湯消毒法における高温耐性向上技術の確立

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2014
概要「日本晴」、「ひとめぼれ」、「コシヒカリ」、「ササニシキ」、「ハバタキ」の5品種について、事前乾燥処理して温湯消毒した種子の育苗試験を行い、発芽率、出芽率および出芽後の生育を調査した。、 種子水分含量や消毒温度などの条件が育苗に及ぼす影響を解析したところ、消毒時の高温耐性に明瞭な品種間差を確認した。すなわち、モデルケースの「ひとめぼれ」の高温耐性は非常に強く、一方「日本晴」の高温耐性は弱かった。、 さらに、いずれの品種においても事前乾燥処理によって8%まで水分含量を低下させれば、65℃で10分間処理しても高い発芽率・出芽率が得られ、苗の生長も良好となることが認められた。、 
研究分担農業研究所、農業バイオセンター
予算区分受託、(独法)
業績(1)温湯消毒法における水稲種子の事前乾燥処理が苗形質に与える影響
(2)水稲種子温湯消毒時の高温耐性の遺伝解析-コシヒカリ/ハバタキ染色体断片置換系統群の育苗試験における検証-
(3)コシヒカリ / ハバタキの染色体断片置換系統群を用いたイネ種子における温湯消毒時の高温耐性に関するプロテオーム的解析
(4)胚に含まれるRNAの分解に視点をおいたイネの種子寿命の解析
(5)イネの胚に存在するRNAの安定性と種子の寿命
(6)温湯消毒法における水稲種子の事前乾燥処理が生育・収量に及ぼす影響
(7)育苗試験による水稲種子温湯消毒時の高温耐性の品種比較
(8)暑熱および寒冷期の発酵TMR給与が黒毛和種去勢牛の生産性およびルーメン性状に及ぼす影響
(9)沿岸定着性魚類種苗生産安定化技術開発研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219340
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat