地球環境変動下における農業生産最適化支援システムの構築

地球環境変動下における農業生産最適化支援システムの構築

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~H26
年度2014
概要支援システム(モデル)の構築にむけ、水稲における刈取時期が収量等に及ぼす影響を検討した。本年の結果では、刈取時期が遅くなると登熟歩合が高まり、収量が増加し、青米が減少して整粒歩合も高くなった。なお、わずかながら乳白・心白粒および奇形粒が増加する傾向がみられた。、 研究期間を通じては、白未熟粒や胴割粒の発生を軽減する手法として、作期移動のほか、収量構成要素の適正化や登熟期間の栄養状態の維持することが有効であることを検証した。、
研究分担農業研究所栽培課
予算区分受託、(文科省)
業績(1)肉用牛への大麦わらサイレージ調製・給与技術の開発
(2)神通川水系におけるサクラマス純系魚の探索調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219345
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat