イネ種子伝染性病害の迅速診断技術の確立

イネ種子伝染性病害の迅速診断技術の確立

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H28
年度2014
概要もみ枯細菌病や苗立枯細菌病の病原細菌を短時間で識別して検出するための、遺伝子診断法の実用性を評価した。
研究分担農業研究所、病理昆虫課
予算区分県単、
業績(1)プラズマ照射による細菌性イネ苗病害の抑制技術の検討
(2)QoI 剤耐性いもち病菌の発生拡大を防ぐための取り組みと課題
(3)健全種子生産にむけて
(4)過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第5報)-大型連続式試験装置2号機の試作と水稲種子消毒性能の評価
(5)Development of a device that uses steam condensation heat to disinfect rice seeds.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat