富山型伝統的木造建築物の耐震・劣化診断手法と加工・設計手法の開発

富山型伝統的木造建築物の耐震・劣化診断手法と加工・設計手法の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要 県内に残るアズマダチから構成される散居村の地域景観を貴重な観光資源と考え、これらを後世へ安全かつ健全な状態で伝えることを目的に、限界耐力計算で必要な個別耐震要素の荷重-変形曲線を得るための実験を産学官で実施した。また、富山型伝統的木造建物の耐震診断・設計及び加工・劣化診断手法を構築するため、既存建物による腐朽・劣化程度の現地調査や、若手建設技術者を対象とした耐震実験の公開を行う。、 アズマダチの縁側部分の耐震補強として、木質ラーメン+制振壁の振動台実験、北陸地方の自然材料で作られる土壁の静的実験を実施した。劣化診断手法に関する研究として、解体予定の既存建物の腐朽・劣化程度に関する現地調査を行った。加工・設計手法に関する研究として、土壁の静的実験を大工・設計者に公開し、20名を超える見学者が集った。
研究分担木材研究所、木質構造課、木質製品課
予算区分科学技術振興対策費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219455
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat