4 平成26年度農林水産業・食品産業科学、技術研究促進事業(26084C)、1)大麦有望系統北陸地域での系統適応、性評価と普及性検討用途に応じた小麦・、大麦の品種、選定及び高品質生産技術の確立(25年播、種)、

4 平成26年度農林水産業・食品産業科学、技術研究促進事業(26084C)、1)大麦有望系統北陸地域での系統適応、性評価と普及性検討用途に応じた小麦・、大麦の品種、選定及び高品質生産技術の確立(25年播、種)、

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H30
年度2014
概要目的:実需者から新規需要のある大麦品種(もち性大麦)および高品質精麦用大麦品種の候補系統を選定し、品種化に必要なデータを蓄積するとともに、候補系統の普及性についても検討する。、成果:場内試験においては、多肥区の「東山皮糯109号」は標肥区より稈長が10cm程度長くなったが、倒伏程度は1.3にとどまり、標肥区と同程度であった。多肥区では、「東山皮糯109号」、「ファイバースノウ」のいずれも標肥区に対して穂数が20%程度増加し、精子実重も概ね20%程度増加した。整粒歩合は同程度であった。「東山皮糯109号」の多肥区では収量が増加しても外観品質は良好であり、タンパク含有率は標肥区と同程度であった。また、「東山皮糯109号」の多肥区の硝子率は標肥区より18%低かった。現地試験においては、「東山皮糯109号」は「ファイバースノウ」と同じ栽培管理で、同程度の収量を確保し、容積重、細麦率のいずれも基準値を確保した。
研究分担育種G
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219481
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat