1 水稲病害虫の合理的防除技術の開発、1) 地理情報に基づいた発生リスク区分の、 作成、  (2) 斑点米カメムシ類発生リスク区分、の作成、③ トゲシラホシカメムシ

1 水稲病害虫の合理的防除技術の開発、1) 地理情報に基づいた発生リスク区分の、 作成、  (2) 斑点米カメムシ類発生リスク区分、の作成、③ トゲシラホシカメムシ

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~28
年度2014
概要目的:稲病害虫の合理的な防除技術を開発するため、斑点米カメムシ類の発生状況を調査し、地理情報との関係を解析して発生リスク区分を作成する。ここでは、トゲシラホシカメムシの分布・発生量と地理情報との関係を解析し、発生リスク区分作成の基礎資料とする。、成果:トゲシラホシカメムシは、全調査を通じて13地点で捕獲されたが、いずれも捕獲数は少なく、複数回捕獲が確認されたのは3地点のみだった。また、トゲシラホシカメムシの発生と調査地点から300m以内に存在する本種と関連があると推察される9つの土地利用の面積との関係では、有意な説明変数は見出だせなかった。以上より、トゲシラホシカメムシはいずれの調査地点においても捕獲数が少なく、地理的要因が本種の発生に及ぼす影響は判然としなかった。ただし、本種は山間、平野、市街地など様々な地理条件の地点で捕獲されていることから、いずれの地域においても一定程度の発生リスクがあると考えられる。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219541
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat