2 園芸品目における減農薬防除技術の、開発、2)ネギ白絹病・軟腐病・ネギアザミウマ、防除技術の開発、 (2) 糖蜜土壌還元消毒によるネギ軟、腐病防除技術の開発

2 園芸品目における減農薬防除技術の、開発、2)ネギ白絹病・軟腐病・ネギアザミウマ、防除技術の開発、 (2) 糖蜜土壌還元消毒によるネギ軟、腐病防除技術の開発

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~29
年度2014
概要目的:軟腐病菌は土中深くまで生息するため、深層まで消毒可能な糖蜜土壌還元消毒法による防除は有効と考えられる。しかし、地温の確保が難しい低温期の露地での効果は明らかとなっていない。そこで、低温期における還元消毒の実施時期および被覆期間について検討を行う。今年度は、汚染圃場を作成する。、成果:接種を行ったにも関わらず、ネギは軟腐病を発病しなかった。再度接種後、発病に必要な気温を確保するため、ポリエチレンフィルムによるトンネル被覆を行ったが、著しい発病は見られなかった。気温が低く、発病しなかった可能性が考えられた。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219555
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat