2 園芸品目における減農薬防除技術の、開発、2)ネギ白絹病・軟腐病・ネギアザミウマ、防除技術の開発、(3) ネット被覆を用いたネギアザミ、ウマ防除技術の確立

2 園芸品目における減農薬防除技術の、開発、2)ネギ白絹病・軟腐病・ネギアザミウマ、防除技術の開発、(3) ネット被覆を用いたネギアザミ、ウマ防除技術の確立

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~29
年度2014
概要目的:ネギ栽培において、ネギアザミウマの防除は定植前や生育中の薬剤処理が中心となっており、減農薬防除技術の開発が求められている。そこで、防虫ネットの被覆による本種の被害抑制効果について検討する。、成果:試験圃場では、いずれの試験区でもネギアザミウマが捕獲されず、極少発生条件下で試験となった。また、ネギアザミウマによる被害はいずれの試験区でも同程度となり、防虫ネットによる被害抑制効果は判然としなかった。一方、試験圃場ではネギコガが発生しており、各試験区の被害株率を調査した結果、防虫ネット被覆を行った試験区では、被害株率が低かった。以上より、本試験では防虫ネットの被覆によるネギアザミウマの被害抑制効果については判然としなかった。ネギコガについては防虫ネットを被覆することで、被害を抑制することが可能であったが、ネットの違いによる防除効果の差は判然としなかった。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat