9 土壌機能モニタリング調査、3)環境保全型有機質資源施用基準設定調、査、 (1) 有機質資源を活用したダイズの収量、  改善技術の確立、   ② ダイズの増収に効果的な有機質資、材の解明、イ)有機質資材の窒素無機化特性値、の検証

9 土壌機能モニタリング調査、3)環境保全型有機質資源施用基準設定調、査、 (1) 有機質資源を活用したダイズの収量、  改善技術の確立、   ② ダイズの増収に効果的な有機質資、材の解明、イ)有機質資材の窒素無機化特性値、の検証

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~
年度2014
概要目的:有機質資材の窒素無機化特性値の妥当性を検証するとともに肥料の形状による窒素の溶出の違いについて解析する。、成果:埋め込みによる実測値と予測値を比較したところ、籾殻牛糞堆肥を除いた資材についてはおおむね一致した。粉状と粒状の資材からの溶出特性の違いを調査した結果、いずれの資材についても無機化量は同等であり、形状による窒素供給量に差はないと判断された。以上の結果から、上記有機質資材4点については窒素無機化特性値に基づく窒素無機化量の予測は実用性があると考えられた。
研究分担生物資源G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219577
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat