2 能登地域の特産果樹の栽培技術の確立、1)ブルーベリーの大粒安定生産技術の、確立、(1) 土壌改良による生育不良対策の検討② 生育不良樹に対する土壌改良対策

2 能登地域の特産果樹の栽培技術の確立、1)ブルーベリーの大粒安定生産技術の、確立、(1) 土壌改良による生育不良対策の検討② 生育不良樹に対する土壌改良対策

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要目的:大粒のハイブッシュ系ブルーベリーは、強勢なラビットアイ系と比べ土壌適応性が狭く、樹勢が衰弱しやすいことが課題となっている。そこで、生育不良となった樹について木材チップによる土壌改良を行い、樹勢への影響を検討する。、成果:1樹伸長量は、樹列間改良区と植穴周囲改良区で有意差が認められたが、新梢数はいずれの区も有意差は認められなかった。1果重、果実数および収量はいずれの区も同等であった。樹列間改良区、植穴周囲改良区とも土壌改良を施工した際、細根が露出した。以上の結果から、木材チップを用いた土壌改良を行ったが、施工後1年目で樹勢の回復は認められず、効果は判然としなかった。
研究分担能登特産物、栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219606
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat