水稲の高温耐性に関するDNAマーカーを利用した育種技術の開発

水稲の高温耐性に関するDNAマーカーを利用した育種技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~26
年度2014
概要目的:高温下で登熟したときに玄米の外観品質が劣化しない性質(高温耐性)に関するDNAマーカーを利用した育種技術の開発、成果(H26):ハナエチゼンの高温耐性遺伝子qWB6に関するファインマッピングを行い、候補領域を13.4kbに絞り込むとともに、候補遺伝子を選定した。新潟早生の高温耐性QTL、qWB9の候補領域を15.6cMから2.8cMに絞込んだ。
研究分担ポストコシヒカリ開発部
予算区分受託(農水省)
業績(1)DNAマーカー選抜に用いる籾殻付きイネ種子からのDNA抽出
(2)吸湿法および刈遅れ法による胴割れ耐性に関するQTL解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219700
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat