生き物にやさしい”ポストこしひかり”特栽技術の開発

生き物にやさしい”ポストこしひかり”特栽技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~29
年度2014
概要目的:生き物にやさしい栽培技術の確立(栽培管理技術・農薬使用低減技術・化学肥料使用低減技術・農薬不使用除草技術)、成果(H26):①除草機走行による残草率は、除草機の機種で大きな差異はなく、移植後10日の除草で約20%、これに加え移植後20日の除草を実施すると約10%となった。②あきさかりを用いて有機50%、100%一括施肥試験を実施した。収量、整粒割合は有機50%が慣行と同等、有機100%は慣行の1割減であった。また、ヘイケホタル幼虫への育苗箱施用殺虫成分の感受性を評価し、チアメトキサムは影響がないことを明らかにした。③長期残効型育苗箱施薬剤の殺虫成分はイネの葉や茎に移行し、カメムシが水分等を摂取した際に体内に取り込まれ、効果が発現することを検証した。
研究分担有機環境部・有機農業研究G、作物部・スマート農業研究G
予算区分国庫補助(文科省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat