真空・高温乾燥機による県産スギ心去り材生産技術の開発

真空・高温乾燥機による県産スギ心去り材生産技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県総合グリーンセンター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要目的:森林資源の成熟化に伴い、大径の並材が市場に出始めており、その利用加工方法が課題となっている。そこで柱での利用を想定して加工した心去り正角材を対象に、真空・高温乾燥機による乾燥方法を確立する。、成果:3ヶ月の天然乾燥後、乾球温度70℃、湿球温度40℃、-90kpaでの断続的な減圧条件のもと、11日間の乾燥試験を実施したところ、天然乾燥後の含水率が概ね60%以下の試験体においては、乾燥後には含水率20%以下となることが明らかとなった。
研究分担木材開発研究グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219748
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat