DNAマーカー育種支援システムを活用した効率的なイネ縞葉枯病抵抗性「ふくまる」の育成

DNAマーカー育種支援システムを活用した効率的なイネ縞葉枯病抵抗性「ふくまる」の育成

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2014
概要目的:本県育成の品種「ふくまる」に、DNAマーカー選抜によりイネ縞葉枯病抵抗性遺伝子を導入して同質遺伝子系統を育成する。、成果:SNPアレイにより「ふくまる」と「一番星」(遺伝子Stvb-iを有する)の多型解析を行った。また両品種の交配により得られたBC1F1個体を用いてSNPアレイ調査を行い、「一番星」型の残存率が低い5個体を選抜した。さらにBC2F1のうち、多型領域の残存率が低く残存断片数の少ない3個体を選抜した。、
研究分担普通作育種研究室
予算区分委託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219764
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat