新規就農者の自立就農条件の解明

新規就農者の自立就農条件の解明

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:新規参入者の実態調査をとおして,経営基盤の確保過程や就農後の経営課題,自立就農に向けて必要となる条件や効果的な支援方法を検討する。、成果:新規参入者の支援者は,就農前の研修期間に関係を持つ研修先や農業仲間の合計がすべての項目で過半数を超えていた。住宅等の地域固有情報や営農に関する支援は就農前に関わりを持つ研修先と農業仲間が中心となっており,こういった支援が得られるネットワーク作りが重要であった。新規参入者が自立していくためには,就農後も継続して経営や技術に関する情報や知識を共有できる研修先を選択し,新規参入者同士で支援を行うことが重要である。
研究分担経技
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219847
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat