堆肥化処理過程において発生する臭気物質の解明

堆肥化処理過程において発生する臭気物質の解明

県名茨城県
研究機関名茨城県畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H28
年度2014
概要目的:豚の堆肥化処理施設で発生する低級脂肪酸を中心とした臭気物質の測定法及び簡易測定法を確立する。また,切り返し等で発生する臭気物質の特定と推移を測定し臭気抑制対策技術を確立する。、成果:試験区:切り返しを月に1回,対照区:切り返しを毎週。品温の変化では,切り返し直後に急激に発酵温度が上昇した。5週目以降では対照区において切り返し後の温度上昇が緩やかとなり、その後両区とも徐々に温度が低下し、30℃程度になった。硝酸態窒素は乾物100gあたり、対照区で119.9mg、試験区で49.6mg生成された。、
研究分担生産技術研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219893
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat