シイタケ原木林における放射性セシウムの分布に関する研究

シイタケ原木林における放射性セシウムの分布に関する研究

県名茨城県
研究機関名茨城県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2014
概要目的:放射性セシウムによるシイタケ原木林の汚染状況を調査し,安全な原木を供給できる地域や環境条件等を明らかにするとともに,萌芽更新や新規植栽を行い,安全な原木林を再生するための有効性を検証する。、経過:原木のセシウム濃度,空間線量率及びセシウム沈着量(文科省)のデータを入手し,傾向を把握した。またコナラ原木林(伐採林含む)の原木(萌芽枝含む)・落葉落枝・表土のセシウム濃度を測定するとともに,苗木を植栽しセシウム移行状況等を調査中。、
研究分担森林環境部
予算区分県単
業績(1)茨城県内の原木林伐採跡地におけるコナラ萌芽枝の放射性セシウム濃度
(2)コナラ林の放射性物質調査の取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219939
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat