加工技術開発試験

加工技術開発試験

県名茨城県
研究機関名茨城県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~27
年度2014
概要(1)地魚の品質に関する研究(原料特性研究):マサバ、マイワシ等の原料特性の把握及び利用加工、消費拡大を目的として、脂肪含量の季節変動調査及び脂肪簡易測定技術の開発を行う。、(2)資源の有効利用のための加工技術開発:シラス生食用凍結品の品質保持条件の把握するため、保存条件ごとの品質変化を分析する。、(3)新たな流通・消費拡大のための研究:シラウオやコウナゴの消費拡大を図るため、生食用凍結品の試作を行った。また、地魚(マコガレイ,カンガシラ等)の”旬”に関する情報を提供するため、季節ごとのエキス成分の分析を行う。、(4)魚介類の放射性物質低減法の検討:ワカサギ、シラウオ、テナガエビ製品の放射性物質を低減させるため、原料の水晒し処理等の効果を検討する。
研究分担水産物利用加工部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219954
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat