(1)水稲研究室、⑨有機農業栽培技術の確立、ア 水稲栽培における有機農業技術の科学的解明

(1)水稲研究室、⑨有機農業栽培技術の確立、ア 水稲栽培における有機農業技術の科学的解明

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:雑草の機械除草による除草適期の検討と土壌の可給態窒素量と移植前湛水期間が生育・収量に及ぼす影響調査を行う。         、成果:機械除草の実施時期は、移植直後よりも少し経過した移植10~15日後に1回とその7日後に1回の計2回行うことが抑草に効果的であった。また、土壌の可給態窒素量が多く、移植前湛水期間が長いほど、生育・収量が良好であった。
研究分担水稲研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219988
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat