(3)野菜研究室、③トマト促成長期どり栽培の省力高生産技術の確立、ア 新たな環境制御、草姿管理によるトマトの超多収50tどり生産技術の開発

(3)野菜研究室、③トマト促成長期どり栽培の省力高生産技術の確立、ア 新たな環境制御、草姿管理によるトマトの超多収50tどり生産技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~
年度2014
概要目的:施設内環境データ、生体情報を活用し、温度管理を中心とした生産性の高い環境制御法、日射量や葉面積指数のデータに基づいた生産性の高い草姿管理法を確立する。、成果:トマトの生体情報を得るため、果実加温による13Cの動態や、ポット加温による茎内流量に増減について検討した。また、CO2施用は、換気が少ない12~2月は600~800ppmを上限とした高濃度管理が良いが、3月以降は流亡を考慮した施用方法の検討が必要である。光反射マルチは、黒マルチよりも果実肥大、糖度を増加させることが明らかになった。
研究分担野菜研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat