(4)果樹研究室、③果樹の高品質生産安定技術の確立、カ 移植翌年に収穫可能なニホンナシ根圏制御栽培法による省力多収技術体系の実証

(4)果樹研究室、③果樹の高品質生産安定技術の確立、カ 移植翌年に収穫可能なニホンナシ根圏制御栽培法による省力多収技術体系の実証

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~
年度2014
概要目的:根圏制御栽培法の現地実証と経営評価を併せて、省力器具等による省力技術体系を構築し、根圏制御栽培法との組み合わせ技術を実証する。導入マニュアルを作成する。、成果:根圏制御栽培法の導入により、移植3年目に実証農家3戸中2戸で所得目標105%を概ね達成できた。タイベックM、防草シートMの盛土表面管理、液肥混入器とA点滴チューブの使用により、導入コスト、設置労力を削減できる。
研究分担果樹研究室
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220013
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat