(9)-1いちご研究所 企画調査担当、②いちごを核としたフードバレー支援方策の解明、ア いちごを核としたフードバレー支援方策の解明

(9)-1いちご研究所 企画調査担当、②いちごを核としたフードバレー支援方策の解明、ア いちごを核としたフードバレー支援方策の解明

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:イチゴ生産の農商工連携を進めるために必要な課題を整理し、6次産業化に新たに取り組む経営体の経営判断材料を提供する。、成果:加工向けいちごの原料として露地いちごの栽培を検討した結果、2t/10aの収量が得られた。また、収益シュミレーションでは、取引価格が低いため、付加価値を高める栽培方法や販売方法が必要と思われた。
研究分担いちご研究所(企画調査担当)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220055
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat