(9)-2いちご研究所 開発研究室、①いちごの新品種育成、ア いちごの新品種育成(促成用新品種の育成)

(9)-2いちご研究所 開発研究室、①いちごの新品種育成、ア いちごの新品種育成(促成用新品種の育成)

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S44~
年度2014
概要目的:11月下旬から収穫可能で、果実が大きく、食味良く、輸送性・日持ちの良い耐病性多収品種を育成するため、交配及び選抜系統の特性を検討するとともに、耐病性素材等の検索を行う。、成果:育成系統3系統について特性を明らかにし、実用性を検討した。また、11系統について炭疽病、萎黄病の耐病性を調査したところ、炭疽病耐病性を示したのは1系統、萎黄病耐病性を示す系統はなかった。
研究分担いちご研究所(開発研究室)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220057
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat