漁場環境を改善する技術の指導・普及

漁場環境を改善する技術の指導・普及

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~
年度2014
概要ワカサギの初期餌料(動物プランクトン等)現存量調査を実施し、ワカサギ増殖に関する指導を行った。成果:初期餌料の現存量を調査した湖では4月中旬の卵導入が最適と考えられたが、全般的に現存量が少なくワカサギ漁場に適さない可能性のある湖もあった。
研究分担指導環境室
予算区分県費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220078
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat