乳用牛の受胎率向上技術の確立

乳用牛の受胎率向上技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産酪農研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~28
年度2014
概要目的:代謝プロファイルテスト(血液分析等)等を用い受胎率低下要因を分析し、受胎率向上のための技術を確立する。               、成果:繁殖性や生産性が低下している牛群においては、肝機能低下等を起こしている傾向にあることが確認された。、計画:各季節ごとの各泌乳期別の牛群について、代謝プロファイルテストを実施し、繁殖性や生乳生産性との関連について継続調査する。また、内視鏡を用いて生殖器官の形態的変化を調査する。
研究分担家畜生産技術部・家畜繁殖研究室
予算区分県単
業績(1)栃木県内の乳用牛群における代謝プロファイルテスト(MPT)データの傾向
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat