飼料用玄米、イネWCS及び生米ぬか等による国産飼料100%給与を目指した牛乳生産技術の開発

飼料用玄米、イネWCS及び生米ぬか等による国産飼料100%給与を目指した牛乳生産技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産酪農研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~31
年度2014
概要目的:飼料用玄米、イネWCS及び生米ぬかなどの食品製造副産物を有効活用した生乳生産技術を開発するとともに、生乳の高付加価値化を図る。、成果:粗飼料の主体をイネWCSとし、粗挽きした飼料用玄米を乾物で30%の割合で混合したTMRの給与は、乳生産(泌乳前期)の維持可能であることが示された。  、計画:泌乳中期の乳牛を用いた飼料用籾米飼料給与試験を実施する。
研究分担家畜生産技術部・乳牛飼養研究室
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)飼料用玄米の混合割合の違うTMRの給与が泌乳前期の乳性産に及ぼす影響
(2)高泌乳牛へのTMR給与でのトウモロコシサイレージ最大給与量の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220089
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat