機能性成分の増加による高付加価値化牛乳生産技術の開発

機能性成分の増加による高付加価値化牛乳生産技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産酪農研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~29
年度2014
概要目的:自給飼料等を用いた飼養管理により、ビタミンE等の機能性成分の生乳中濃度を高める技術を開発する。併せて、その管理下における、暑熱ストレス低減効果、乳房炎発生抑制及び生乳の酸化臭低減効果を検証する。、成果:イネWCSの給与により乳中のαトコフェロールが増加することが認められた。、計画:泌乳中期の乳牛を用いた、イネWCSを粗飼料主体をイネWCSとし、米ぬか及び加熱大豆の給与による、乳中機能性成分量、血液性状等について調査する。
研究分担家畜生産技術部・乳牛飼養研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220091
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat