畜産物等の放射性セシウム低減技術の開発

畜産物等の放射性セシウム低減技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産酪農研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~27
年度2014
概要目的:原発事故によって放出された放射性物質(放射性セシウム)の牧草への移行を防ぐため試験を実施する。、成果:未更新永年牧草地において、カリウム施用により、放射性セシウムの植物体への吸収抑制が確認された。、 また、永年牧草の草種ごとのCs移行係数を明らかにするとともに、放射性セシウム含有堆肥の施用による植物体への放射性セシウムの移行は、飼料の暫定許容値より大きく下回ることが明らかとなった。、計画:未更新永年牧草地及び更新済永年牧草地における、カリウム施用による、放射性セシウムの植物体への吸収抑制の状況について調査する。
研究分担環境飼料部・草地飼料研究室、畜産環境研究室
予算区分県単・受託(農林水産省)
業績(1)放射性セシウム含有堆肥の連年施用による飼料用トウモロコシ栽培への影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat