ツキノワグマの低コストな生息状況把握手法に関する研究

ツキノワグマの低コストな生息状況把握手法に関する研究

県名栃木県
研究機関名栃木県林業センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~26
年度2014
概要生息密度のモニタリング手法として、これまで実施してきたDNA鑑定を伴うヘアートラップ法に代わり、費用対効果の高い調査方法として、デジタルセンサーカメラを活用した画像による個体識別を活用する手法を開発する。
研究分担研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220114
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat