新生産方式導入によるサヤインゲン生産の省力化

新生産方式導入によるサヤインゲン生産の省力化

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新26~28
年度2014
概要 サヤインゲンは、収穫および調製に手間がかかり、一作の中で労働負担の変化が大きく、雇用労働力の利用もほとんどないため、数aの小規模の作付けで生産されているのが現状である。、 そこで、サヤインゲンの生産形態を見直し、新たな作型の開発、省力化のための作業改善等を検討し、主たる経営品目として確立することを目指す。
研究分担中山間地園芸セ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220200
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat