二毛作水田に対応可能な堆肥活用技術の開発、1)飼料用稲麦二毛作に対応した堆肥施用方法の開発

二毛作水田に対応可能な堆肥活用技術の開発、1)飼料用稲麦二毛作に対応した堆肥施用方法の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~26
年度2014
概要当場で開発した堆肥施用量計算ソフトは、低温時における正確な窒素溶出量の把握が不充分であったためビン培養試験を実施した。牛ふん堆肥、豚ぷん堆肥、鶏ふん堆肥それぞれ10種を用い、5つの温度条件(5,10,15,20及び30℃)で、培養0,7,14,28,56及び91日目の窒素無機化率を測定した。土壌水分を最大容水量の60%とした場合、いずれの堆肥についても気温が高いほどアンモニア態窒素から硝酸態窒素への移行が速やかに進むことが分かった。豚ぷん、鶏ふん堆肥については、5℃では28日目, 10℃では14日目まで硝酸態窒素はほとんど発現せず、アンモニア態、硝酸態窒素を合わせた無機態窒素量はともに28日目まで減少傾向であった。対して牛ふん堆肥については、初期から硝酸態窒素が含まれるものの、14日目まではほぼ横ばいであった。各温度条件で、牛ふん堆肥は他種の堆肥と比較して無機化率が小さく、窒素無機化の傾向にもばらつきがあった。以上のことから、堆肥ソフトの改良及びソフトを有効に活用するためには、使用する堆肥の窒素無機化傾向も踏まえながら、長期的な施肥設計が可能な形式を導入する必要があると考えられる。
研究分担飼料環境係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220234
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat