栄養生理機能マルチセンシングによる搾乳ロボットを用いた精密飼養管理システムの開発

栄養生理機能マルチセンシングによる搾乳ロボットを用いた精密飼養管理システムの開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27
年度2014
概要 搾乳ロボット導入による飛躍的な生産性の向上と軽労化・省力化を実現し、導入効果の最大化を図るためには、乳牛の個体情報とロボットの協調による新たな精密飼養管理システムの構築が求められている。、 そこで、搾乳ロボットを利用した牛群管理のもと、それに適合した飼料給与指標を解明するとともに、飼料給与や健康に係わる個体情報収集システムを構築し、これらを統合した高精度飼養管理システムを開発する。、
研究分担酪農係
予算区分受託、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220249
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat