Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、(1)水田における土地利用型作物の高品質・安定生産技術の確立、2 千葉県の水田作経営体における大規模高度輪作体系の実証、(3) マルチステージ移植機を利用した長ネギの省力・安定生産技術の開発と実証

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、(1)水田における土地利用型作物の高品質・安定生産技術の確立、2 千葉県の水田作経営体における大規模高度輪作体系の実証、(3) マルチステージ移植機を利用した長ネギの省力・安定生産技術の開発と実証

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H27
年度2014
概要 夏ネギの省力生産及び秋冬ネギの安定生産技術を確立する。マルチステージネギ苗移植機を用いて、慣行の稚苗より生育の早い大苗を定植することで、6~7月どり夏ネギ省力生産技術を開発する。秋冬ネギでは、11月の早期収穫に適した育苗・定植方法及び栽植密度を明らかにし、安定生産技術を開発し、実証する。、※水稲温暖化、東総野菜、
研究分担東総野菜
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220385
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat