Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、(10)農作物の育種、品種識別のためのバイオテクノロジー手法の開発 、2 品種保護に向けたDNA品種識別技術確立、(2) 落花生及びビワの品種識別技術の拡充

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、(10)農作物の育種、品種識別のためのバイオテクノロジー手法の開発 、2 品種保護に向けたDNA品種識別技術確立、(2) 落花生及びビワの品種識別技術の拡充

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H26
年度2014
概要 千葉県が育成した落花生・ビワの育成者権保護及び千葉ブランドの信頼性向上のため、既存技術より精度が向上した品種識別技術を確立する。本年度は落花生では品種内多型の存在を調査し、また、落花生とビワで効率的に識別できるマルチプレックスPCR技術の開発を行う。、※かずさDNA研、LSIメディエンス、長崎県
研究分担生物工学
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220478
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat