Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進、(11)高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立、5 雑草防除技術の確立、(1) 水稲栽培における新規開発除草剤の特性解明と利用技術の確立

Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進、(11)高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立、5 雑草防除技術の確立、(1) 水稲栽培における新規開発除草剤の特性解明と利用技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~H28
年度2014
概要 水田用除草剤の研究は、各メーカーによって逐次行われ、新規除草剤が毎年開発される。それらについて特性を調査し、本県の温暖化及び早期栽培に適した除草剤の選定と適用方法を明らかにする。本年度は水稲温暖化対策研究室では、初中期一発剤の1キロ粒剤2剤、フロアブル剤1剤、クログワイ対照剤の1キロ粒剤1剤の計4剤、水田利用研究室では、フロアブル剤1剤、ジャンボ剤4剤、0.25kg粒剤1剤の計6剤を試験する。、※日植調、水田利用
研究分担水稲温暖化対策
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220498
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat