Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進、(11)高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立、6 気象変動に対応した病害虫管理技術及び新たな病害虫の早期診断技術の開発、(1) 地床メロン栽培圃場におけるえそ斑点病発生リスクを診断するための生物検定法の改良

Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進、(11)高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立、6 気象変動に対応した病害虫管理技術及び新たな病害虫の早期診断技術の開発、(1) 地床メロン栽培圃場におけるえそ斑点病発生リスクを診断するための生物検定法の改良

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H28
年度2014
概要 土壌からメロンえそ斑点ウイルス(MNSV)を検出するために用いている、生物検定とELISA法による現行の検出方法について、30日間程度までの期間短縮と、検出漏れを無くして精度の向上を図ることを目的とする。生物検定に用いる品種や育成温度の最適化を図るとともに、最適な検出部位と検出方法を明らかにし、PCR法等を併用した高精度かつ迅速な検出技術を確立する。、※長生農事、JA長生、野菜花き
研究分担生産環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220501
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat