Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進、(12)農林作物の野生鳥獣被害軽減化技術の開発、2 森林・林業に対する獣類被害実態の解明と被害軽減化技術の確立(2) 放置竹林等の整備による獣類被害軽減効果の解明

Ⅲ 状況変化に対応し、生産力を支える研究の推進、(12)農林作物の野生鳥獣被害軽減化技術の開発、2 森林・林業に対する獣類被害実態の解明と被害軽減化技術の確立(2) 放置竹林等の整備による獣類被害軽減効果の解明

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H27
年度2014
概要 獣害激害地における林縁部の放置竹林等について、イノシシ等害獣の隠れ家・餌場としての評価を行い、見通しの良い林縁管理の必要性を明らかにする。本年度は県内の5地域において放置竹林と人工林でイノシシ等の出没・食害状況を無人センサーカメラと現地調査により明らかにする。また、放置竹林整備の事例を調査し、イノシシの出没状況に及ぼす影響を調査する。、※生産環境、生物多様性セ、中・南部林事
研究分担森林研
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220506
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat