飼料用稲・米の効率的な給与による乳用育成牛の哺育・育成管理技術の開発

飼料用稲・米の効率的な給与による乳用育成牛の哺育・育成管理技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~H26
年度2014
概要 飼料用米に蒸気圧ぺん等の加工を施すことで哺育期では人工乳中のトウモロコシ全量(人工乳中の約40%)と置き換えが可能である。育成前期では市販育成配合飼料の42%と粉砕または蒸気圧ぺんした飼料用米が置き換え可能である。全粒玄米は消化性が低いため、加工が必要である。また、育成前期の粗飼料として輸入チモシー乾草をイネWCSで全量置き換え可能である。
研究分担乳牛肉牛研究室
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)イネWCSの給与とセロオリゴ糖の添加が乳用育成牛の発育等に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220585
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat