2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、水産資源管理のための資源の評価、内水面における水産資源の動態、    および資源生態の解明、「ウナギ資源の漁獲実態及び生物特性、の解明」

2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、水産資源管理のための資源の評価、内水面における水産資源の動態、    および資源生態の解明、「ウナギ資源の漁獲実態及び生物特性、の解明」

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H11~26
年度2014
概要目的:河川内でのウナギ稚魚から成魚までの漁獲実態について把握することともに、資源管理方策を検討するため必要な生態及び漁場環境を明らかにする。また、ひき網によるシラスウナギ採捕方法の有効性を検証する。、結果:漁獲実態の把握や標識方法の開発など、河川におけるウナギ生態に関して有益な知見が得られた。
研究分担内水面水産研究所
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220641
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat