2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、良質な放流用種苗の安定的量産技、術開発、良質な放流用種苗の効率的で安、定的な量産技術の開発、(5)マコガレイ種苗生産における高水温、  飼育による成長促進技術及び光環境、  による尾鰭欠損防除技術の開発

2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、良質な放流用種苗の安定的量産技、術開発、良質な放流用種苗の効率的で安、定的な量産技術の開発、(5)マコガレイ種苗生産における高水温、  飼育による成長促進技術及び光環境、  による尾鰭欠損防除技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2014
概要目的:放流種苗のサイズを同時期の天然稚魚と一致させること、着底期以降の噛み合いを防ぎ、尾鰭欠損を改善させることを目的として、着底期前後からの加温飼育による成長促進技術を開発するとともに、マコガレイ仔稚魚の視覚特性を利用した異なる波長の照明飼育による尾鰭欠損防除技術を開発する。
研究分担種苗生産、研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220652
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat